勉強法の事前準備

今回は勉強の事前準備の話!

どーも!\ \ マモです / /

と言うことで勉強を取り組む前の話なのですが、勉強の最大の効果の引き出すためには実は「勉強の前の準備」が大切なのです!事前の入念の準備をしないと、せっかくのアクティブラーニングも効果が発揮されないのです!

今回紹介するのは以下の方法。

  1. 自己超越目標
  2. 好奇心を刺激する
  3. 音楽を正しく使う
  4. 自然の力を使う

では、準備のやり方をみていきましょーう!

1、自己超越目標

これを使うと勉強時間が普通の生徒より2倍にもなる方法なのですが。自己超越目標とは自分の身の丈を超えた大きな目標のことです。

「いい仕事に就きたい」や「お金持ちになりたい」というのは、自分の欲望を満たすような小さな目標でしかないのです。自己超越目標とは「恵まれない人を救う仕事がしたい」「不公平な社会の仕組みを変えるためにお金を稼ぎたい」と言ったもので、社会、国や世界を変えてみようと言うような大きな目標です。

このような考え方を学生に指示すると、余計な遊びをする時間が減って学習時間が増え成績向上につながったとのことです。使い方は簡単で!

  • 世の中をもっとよくする方法はどうすればいいのか?
  • 今学習していることが、そのためにどう役立つのか?
  • 自分にとって最も大事なものとは何か?(何も思い浮かばない時はこれでもOK)

最大のポイントは「自分を大きく超えた価値」について学習前に10分でよいので考えてみましょう!

2、好奇心を刺激する

次は記憶力を2倍もアップさせてくれる技なのですが…!ある顔写真を見せて覚えるように指示をして、2つのグループ分けをしました。

  1. 普通に顔写真を見せる
  2. 初めに「トリビアクイズ」を出して、その答えが出るまでの14秒間で顔写真を覚える

トリビアクイズとはちょっとした雑学みたいなもの。「唐揚げとフライドチキンの違いは?」とかちょっと気になってしまうようなクイズです。結果は2つ目のグループの方が成績がよく翌日の再テストでも結果が良かったそうです。

つまりは人は興味があるものに触れると、好奇心が掻き立てられて脳の機能が活性化し記憶につながるんだとか。興味がないことって調べなかったりすぐ忘れてしまうのはこのためです。

そしてコツとしては、目の前のことに興味が湧かなくても、事前に好奇心が刺激されるようなことに触れて置くことで十分!さらに効果を高めたいのであれば「好奇心が長続きしそうなものを選ぶこと」トリビア、ミステリー小説や1話完結ではなく続きが気になるような漫画で好奇心を高めて見ましょう!

3、音楽を正しく使う

BGMは勉強の邪魔にしかならないことがわかっています。被験者に認知テストをさせたところどんな好きな音楽を聴こうが認知テストの成績は下がってしまいます。ベストは完全な無音ということがわかっています。

なぜ音楽が悪いのかと言うと「無関連音効果」と言うものが働いてしまっていて、目の前の作業と関係ない音楽が耳に入ってしまうと脳は勝手にそのリズムやメロディを理解しようと頑張り出してしまうのです。では正しく使うとは?

  1. 勉強前の10分前に好きな曲を聴く
  2. 音楽を止めて勉強する
  3. 休憩中に好きな曲を聴く

といった形で繰り返していくだけです。「ミュージック・ウォーム・テクニック」と言うやり方です。ただ、自然音だけは脳の働きを邪魔しないようなので、無音が厳しい場合は自然音でも良いです!

4、自然の力を使う

子供に週1で自然の多い公園で授業を行うと、普通のクラスと比べ集中力が2倍になったと言う実験もあるそうです

自然のメリットを得るには週1回でも十分。休みの日に自然が豊かな場所で勉強するだけで他の曜日も学習に取り組みやすくなるそうです!

まとめると…

  1. 自己超越目標→自分を大きく超えた目標が勉強時間が倍に!
  2. 好奇心を刺激する→トレビア、雑学で好奇心を刺激して記憶力を倍に!
  3. 音楽を正しく使う→音楽は勉強の邪魔になってしまう!事前にやる気の出る好きな曲、勉強中は無音または自然音で!
  4. 自然の力を使う→週1で自然の中で勉強して集中力を倍に!

実は今回だいぶ駆け足で書いた記事だったのですが…。疲れましたね。これを見て前半はYoutubeで自然音、後半は夜も遅かったのでほぼ無音で作業していましした。確かに集中できたような気がしますね。

と言うことでいかがだったでしょうか〜。全てを使わなくても簡単に試せるものを上げてみたのでぜひ使ってみてください!

どろん( ̄人 ̄)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です