実は逆効果?やりがちなストレス対策

今回はやってはいけないストレス対策の話!

どーも!\ \ マモです / /

ここ最近では科学的に認められたストレス対策を話してきたわけですが。皆さんがついやりがちなストレス対策…実は効果がないだけでなく、逆にストレスを悪化させてしまうなんてことも実はあるんですヨ。

今回の話は、心理学の世界で最も権威のある「アメリカ心理学会」が間違ったストレス対策として教えくれているものです。

やってはいけない6つのストレス対策

  1. ギャンブル
  2. ショッピング
  3. タバコ
  4. 食べ過ぎ
  5. ゲーム、ネット

コレらの6つです。ではいきますよー。

1、ギャンブル

ギャンブルは一時的に脳内麻薬の分泌を増やし、神経を激しく興奮させてしまう効果があるそうです。ただし、その脳内麻薬はすぐに減ってしまいその興奮や幸福感はすぐになくなってしまいます。

ただ、神経を刺激しているだけのようなので本質的なストレス対策にはなりません。そして、長く続けてしまうと脳内麻薬の効果も薄まっていきギャンブルをしていないときは無闇にイライラしてしまうようになってしまうとのこと。

ストレス対策としては最悪の部類です。

2、ショッピング

お金を使った後ってスッキリしたような気分になりますよね?しかしコレもギャンブルと同じで欲しいものを買えたということで一時的に神経が興奮しただけ。買い物の喜びが薄れ、そこには神経の疲れが残るだけです。

特にブランド物のバッグ、衣類や高級車というような贅沢なものほどのちにストレスが増えてしまう現象が確認れています。ただし、3つの例外があって…

  • 体験にお金を使う(旅行、スポーツ等)
  • 他人のためにお金を使う(募金、困った友人への融資)
  • お金で時間を買う(家事代行サービス、仕事の外部委託)

コレらの場合は、お金を払ってもストレスは増えず毎日の幸福度は上昇するそうです。お金の使い方には十分な注意が必要です。

3、タバコ

喫煙家の多くはタバコでリラックス!と言いますが大きな勘違いだそうです。煙を吸うとニコチンが約8秒で脳に達し、「やる気ホルモン」というドーパミンを分泌します。ドーパミンが増えると私たちは幸せな気分になり、一時的にリラックスしたかのような気分になれます。

ここまで聞くと「なんだいいじゃん」と思うかもしれませんが、そこには落とし穴が。ドーパミンはやる気を高めるのと同時に心拍数を上げ、筋肉を緊張させる作用があります。

つまりは、タバコのリラックスは錯覚。本当は心も体も緊張状態になっただけで、ドーパミンが切れれば疲れとイライラだけが残ってしまうようです。

4、酒

こちらも定番のストレス対策と思われがちですが、コレも逆効果。アルコールを飲めば大脳が麻痺、そして理性は低下。

そのため、本能と感情から解放されて楽しくなったような感覚になります。ところが同時にアルコールは人体にストレス反応を与えてしまうようです。アルコールは脳、臓器にダメージを与えてしまいストレスホルモンを増やしてしまうとのこと。

ただ、仲の良い友人と楽しく少量のお酒を飲むのなら問題はありませんが、ストレスを感じてやけ酒はやめましょう。飲んでもグラス2杯ぐらいに収めましょう。

5、食べ過ぎ

何か嫌なことがあった時はつい食べ過ぎちゃう…そんな方も少なくないのでは?好きな食べ物を食べられるってのは誰でもテンションが上がっちゃいますよね。

そうは言ってもの食べ過ぎが良くないというのは、コレもタバコと同じ効果が働いているのです。好きな食べ物を食べると一時的にドーパミンを増やす働きがあります。

つまり、ケーキやラーメンを食べてリラックスしたような気分になるのは脳内の「やる気ホルモン」が分泌されただけ。それが切れた時には逆にストレスが増え体系も良くない方へ向かっていってしまうかもですね。

6、ゲーム、ネット

こちらはやってはいけない対策の典型的な例です。なぜこの行為が良くないのかというと、どれも短時間でお手軽に「ご褒美」が得られてしまうからとのこと。

スマホには定期的なラインの通知、SNSでは様々な楽しそうな情報。ゲームで遊べばすぐにレベルアップやキャラの成長といった前進感。こういった手軽な「ご褒美」はタバコや食べ過ぎと一緒でドーパミンが分泌され結果心には疲れが溜まっていきます。

前に紹介したテトリスの例でもわかるようにストレス解消効果は引き出せるので、ゲームやネットそのものが悪いわけではなく。何も目的意識のないまま強い刺激に気をとらわれてしまうのが問題。一時的にストレス解消のためにゲームをするという目的意識があれば良いのですが、何も考えずダラダラとゲームやネットをしていれば集中力はあちこちへ散漫になり結果時間汚染の原因になりストレスにも繋がってしまいます。

まとめると…

さて、いかがだったでしょうかー?結構みなさんがやってしまっているストレス対策があったのではないのでしょうか?

  1. ギャンブル→脳内麻薬を分泌したところでそれが切れたところで結果イライラしてしまう。
  2. ショッピング→神経を興奮させても結果は疲れにつながってしまう。しかし、体験にお金を使うと幸福度が増しますよ。
  3. タバコ→得られるリラックスは錯覚。それが切れればたちまち疲れとイライラに苛まれる。
  4. 酒→飲み過ぎは脳を麻痺させ、理性を低下させる。結果、脳や臓器にダメージを与え疲れてしまう。
  5. 食べ過ぎ→タバコと一緒。
  6. ゲーム、ネット→手軽なご褒美は結果脳が疲れてしまう。やるなら目的意識を持って!

ということで今回はやってはいけないストレス対策でしたが、効果のあるストレス対策も紹介しているのでよければどーぞ。

てなわけでこの辺で

どろん( ̄人 ̄)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です